生 生きる いきる sei
終 おわり owari
最 さい sai